八月納涼歌舞伎を見てきました

八月納涼歌舞伎の二部二幕と三部を見てきました。

f:id:idoko:20170821202141j:plain

 

それぞれ別日に頑張って並んできました..気ばかり焦ってめっちゃはやく歌舞伎座につき何時に行っていいかよくわからず、とりあえず、近くで過ごす。笑

三部は見たかったので平日、13時くらいに行って30分後くらいに二部の販売開始で列が動いてギリギリお椅子様に座れました~。嬉しい~。並び始めたころ立ち見でなら二部二幕がまだあって悩んだけど平日にこれるのは今日だけなので三部を優先して。

前後しますが見た順に。

 

・野田版 桜の森の満開の下

初野田さんです。
野田MAPはEテレで観劇にハマる前にエッグを観たことあり。
わかるようでわからずオリンピックの熱狂と病(移植?)の話だった..かしら?わからないけど知りたい気持ちでわからないのに見届けた記憶があります。って最後は覚えていないけど..。転職後、今の会社で偶然エッグを観たことある上司が歌がよくて!とCDを持っていて借りたりもしたな。(音源どこしたっけな...)

野田さんという存在は知っていて、んでこの人の作品はちと難しい、なんてのもなんとなく知っていて。今回納涼歌舞伎が野田さんだー!ってなった時にフォローしている方々が盛り上がっていて、中村兄弟×野田さん(+染五郎さん)の歌舞伎、見てみたい~と、歌舞伎ファンというよりはミーハー魂で観に行ってきました。


結論としては難しい..!いろんな言葉や伏線、シーンがすくいきれてない感じ..!
あと台詞が所々多分聞き取れておらず(私の耳が悪い)物語に乗り遅れてる感じ。ツイッターで見かけるすごい良かった!みたいに言えるほど内容を理解はできず。でもだからといってつまんなかったわけではなく。
あぁそれと今回イヤホンガイドを初めて借りてみました。なかなか聖徳太子状況に慣れず。でも本編中はあまり喋らずで前後にいろいろお話をしてくれるのがなるほどって感じでした。匠っていうのは芸術家のことですよ、とか。夜長姫のキャラクターがいまいちつかめないという方は耳男の原動力(いやこの言葉は使ってなかったけど言い回し忘れた)だと思っておけばいいですよ、みたいなことを教えてくれる。
あ、そうなの?って、まぁそんな感じだけど一幕見終えてなんてはちゃめちゃな姫さんや~!ってなっていたので二幕はちょっとそんな見方をより加えつつ。二幕になると物語も後半なので、オオアマ、マナコ、それぞれの出来事がぐるぐる起きて、そこに耳男と夜長姫の互いに気になるその存在。特に夜長姫の耳男の振り回しぶり。
そして鬼の世界・存在と..要素が多くて、まず坂口安吾のお話に、耳音と夜長姫のお話?耳なし芳一?缶けり?と、どこまでがどちらのお話で、んでこれは野田さんの考えた要素で、いやそれとももともと原作にある設定なのか?と。考えても関係ないのだけどぐるぐる。
染五郎さんが怪しいのはわかりつつも天下を取ろうとしてることに気づいたのも多分遅く、苦笑。国を追いやられてしまった人たちのこととか、鬼たちが人間になりたいこととか、境界線があるようでなくて、点がたくさんあってどことどこが紐付いて、というか、どこが陸続きなのか曖昧な感じというか。
理数系のような「んん~!!」っていう難解さではなく、哲学的な小難しい言葉が並ぶのでもなく、はっきりわかりたいわけじゃないんだけど夜長姫や耳男たちの世界にもっと入り込んでみたいって興味がわく世界。
あと、思ったより野田さんってダジャレとか好きなんだな、笑。小ネタが多く以外でした。幕見席からだと桜は見えません。舞台装置が動くと登場人物も見きれます。だけど舞台の床がとってもきれいでした。
あとあと、鬼たちがとっても綺麗!最後花道へぬけていく鬼の隊列とか。メリーゴーランドも。ジェットコースターとフリーフォールがもうひたすらに可愛い..!
門出二人桃太郎だ缶けりの代わりにハンカチ落としだ、とハンカチ落としはやってる様子を想像してクスリ。桃太郎の衣装は甲冑だけでなく頭の白いやつがかわいいね兎さんみたいで、笑。

イヤホンガイドのインタビューで野田さんがおっしゃっていたのだけど、かんくろうさんの運動量。うん、すごい、笑。阿弖流為、夢幻恋双紙と今回みて、まっすぐな役が似合うなーお兄ちゃん!!!って感じです。あの目力と男っぽさ。いいなぁ~ってなる。
染五郎さんもおちゃめしてるしてる、って所とバーンと肝になる悪いシーンとあってよかった。花道からイルカしょって出てきてイルカの巻き付き具合といいずるい可愛いな登場。壁ドンも最高です。ってこれはマナコあってこそでもある、笑。
早寝姫は登場のすやすやしてるのがめっちゃ可愛かったよ..!
染五郎さんが頂点にたって今度は鬼を退治しようとするあたりでそういう「対象」が必要だとか「やっつけた」ってことが必要っていうのとか、なんかすごい風刺がかっててぬ..ってなった。


耳男と夜長姫は、それぞれ自分の仲で一番存在感を放つ相手であることは見ていてわかる。でもなんだかストレートには相入れなくて、結ばれて欲しいわけでもなくて、うーんこれがイヤホンガイドの行っていたことか、なんて。でも雨宿りもよかったけど耳男が夜長姫に手を差出たところのシーンがなんかとってもぐっときてね。その後手を取る方が夜長姫に逆転する所まで(笑)、よかったな~。二幕は話が沢山展開するし見た目にも楽しいシーンが多くてよかったなぁ。
ラストも気づけば夜長姫も鬼の姿で耳男の前にいて、倒れるまでのそのシーンの美しさったら。
はぁ~~~~すごい~~って。

七之助さんの夜長姫が本当なんて奴だ..って感じなのに目が離せない。結構外国の方がいらしてたけど一幕だけの方とかもいて、こりゃ小ネタ含め話わかるのか、、英訳ってどう訳されてるの逆に気になる、とか思いつつ(英語できません)、ね、旅行の都合はあるけど選ぶとしたら二幕の方をぜひ見てほしかったな~。冒頭とか、見終えた今あらためてみたらもう少し話わかるかなぁ、と思うと見たい気持ちはあるけど、また再演してくれたらいいな。

とっても惹かれる綺麗な世界でした。

 

 

東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖

通称「弥次喜多」って奴です。でも私の中で弥次喜多っていうとクドカンの映画が先に浮かぶ。見てないけれど。でもシネマ歌舞伎でやっていたりハチャメチャだったことを観劇するようになってから知って今回もやるなら見てみようかな、猿之助さん観たことないし、と。週末、すでにお立ち見で並んできました。

オープニングの振り返りムービーが流れて、こんなんだったのか、本当ハチャメチャ面白そう!とワクワク。YJKTのラップで宙吊り登場の二人にうわ〜!と楽しくなる。眉がかわいいよ〜。

前回の内容は知りませんが今回はまた歌舞伎座に戻ってきたという二人がアルバイトすることになりその歌舞伎座で殺人事件が起きるという話。とりあえず見所として香川照之こと中車さんではないでしょうか、笑。例にも漏れず私も昆虫すごいぜ!見てるよ!Eテレ大好きだもん。八割カマキリ二割大和田常務。まさかあのドラマのBGMまで流れるとは思わなかったよ..!そして有名なあの土下座、笑。役名と衣装と家紋と屋敷とポーズがカマキリ。絶対香川さん嬉しいよ!タガメの話とかこないだ聞いたよデジャヴかな..なんて、笑。

劇中劇はわからなかったのだけど狐?さんがとってもかわいい!あの衣装のフリンジの揺れがすごい。観てみたくなった。照明もカラフルなものをたくさん使っていて歌舞伎らしからぬ感じ。だけどもっとはちゃめちゃだと思っていたのでちょっと残念。

知らなかったのだけど若い人が出ていて猿之助さんと染五郎さんの息子ちゃんだったようでかわいかったなぁ。ペア間違えた、なやりとりもあってふふふってなりました。猿之助さんの息子ちゃんかな、姿勢が良くって声がとっても通って素敵だった!

 

 

f:id:idoko:20170821201151j:plain

 

私も十月のインド演目、気になります。

 

 

最近のこと

はてなブログさんが「そろそろ次のブログを書きませんか?」と連絡をくれたので久しぶりの登場です。笑

 

自分でもそろそろ何か書きたいなー、あれとこれがあったんだけど、と思っていたら急な案件で忙しくなり家に帰ったら飯食って寝るしか気力がなく。

そう言うととてつもなく忙しそうだけど終始だらだらしていたい人間なのでその時間が大事。そのだらだらする時間を確保するためにまっすぐ帰ってご飯はコンビニ、な1週間でした。いや毎日自炊してるわけでもないのだけどインスタント食品でも作る・洗うの時間が惜しくて...

正直普段はヒマ。なのにこの最近の1週間は1日フル稼働に加えて残業もして。

また忙しい時ってなんか色々呼び込むもので。

普段はお客さんのペースによるところがあるのだけれどそのお客さんがこういう時に限っていろいろやってきてくれちゃう。いやなぜ今!前々からお願いしてた事とかね、なぜ今!!もう〜!

そしていつもならすぐ取り掛かれるのに忙しいもんだから手が付けられなくてレスできない悔しさ。くそう...あんだけ催促していてやってきてくださったことにすぐレスできないなんて。ほんっとにね〜もう〜。

また数年ぶりの前職の先輩から飲みのお誘いの電話なんかもあって、普段なら二つ返事で行きますー!なのに疲れてたので断ったり。せっかく久しぶりでしかも近所に来てたのだけど。残念。

この業務、締切が近くてでもお客さんは返信が一向にこないし、でもそもそもなんで依頼元はこれをしらないんだとか、ちょっと腑に落ちないこともあったりとか、落ち着いた頃にこういう方法あったとかいわれたりとか、まぁ色々あるんだけど、難しい事ではないからちゃんと仕上がるように頑張ってちょっと気持ちがぱつぱつしていて疲れたなーと。ボリュームより気持ち的な負担だったかもしれません。

ひとまず出来ることやり尽くして元の日々に戻りました。暇です。

 

 

前回のレミゼ以降の近況事項としては、

阿弖流為を友達とみる

・鳥髑髏ライビュをみる

ミスチルのライブへいく

・浦井さんFCイベントへいく

 でございました。

 

阿弖流為を友達とみる

私は二度目。観劇にハマり始めた頃にみたいと思い年始に見てとっても好きだった阿弖流為!また7月にやるとの事でみたいなーと思っていて友達に声をかけてみてきました。

二度目だからかちょっと長く途中うとうとしてしまった..良かったけど初見の感動にはなんだかかなわず、いや呪術ってか敵わないじゃないかとなってしまった。お昼たらふく食べた後で友達も同じところでうとうと。

でもやっぱりアラハバキのシーンはきれいだなぁ..七之助さんの鈴鹿ちゃんはけなげだし烏帽子のあの青いお衣装も好き..(でもなんか初見のインパクトが自分の中で広がっちゃっていたのかラストの正体明かすシーンではあれ、こんな感じだったっけ、と拍子抜け。あれ。)

染五郎さんはやっぱりすごいんだな~~~って。歌舞伎を見る前にもテレビのラスベガス密着をみてて思ったことあるけどあ~すごいなぁ~って染五郎さんをみるとなるのである。

次の日友達から御霊御前が頭から離れない、とラインがきました。笑

中村屋のテレビは毎回みちゃうんだよ~とか言っていたので声かけてみたけどうとうとしたりでちょっと誘い間違えたかなと思ってたけど、染五郎さんのカラコンといいなかなか印象には残ったようです。笑

 

・鳥髑髏ライビュをみる

鳥髑髏はこれから行くのですが追加してもいいかなーって思っていたところにライビュ。行くしかないでしょと気合いれて申し込みをし無事に見に行けた~!

詳しくはまた舞台みてからかなと思いつつとりあえず「これ好き!!」ってなりました。

サダヲ捨がかっこよくてあれからクイックルのCM見る度にサダヲ..ってなるくらいによかったです。チャーミングおっさんがあんなかっこよいなんて聞いてないぞ..

笑いと歌がもりもりだと思っていったら、それはそうなんだけどそれ以上に話自体がガッシリ描かれていた気がしてなんというか、、主人公がちゃんと主人公ででも綺麗じゃなくて好き。

なるしーさんとの掛合いではメイちゃんを千尋の妹と素で間違えてたサダヲさんに爆笑でした。

ワカドクロで「この二人みたかった..!」な早乙女蘭と森山天も、みれて&評判通り半端ない見せ所でたまらんでした。

 

ミスチルのライブに行く

25周年&スタジアムツアー!ミスチルさんもライブも日産スタジアムも久々、でアニバーサリーだし!と楽しみにしてました!天気も大丈夫だった!

後々知ったのだけどモニュメントやらフードエリアやらあったようでもう早めに行って遊ぶという若さがなく、でもリサーチ不足に後悔。色々やってたのね。ガチャガチャもしたかったけど..

久しぶりのミスチル。もう昔の曲どんどんこい!!とワクワク構えてたのだけど割と1曲1曲終わるごとにしゃべる櫻井さん。うーん。もどかしさ。笑

そしてなんかあれだね、ささやくように(?)というか、喋り方あれだな。

シーソーゲームではPVが流れてこれまた久しぶりにみる映像だし好きだし嬉しかったー!

1999年、夏、沖縄も大好きでめちゃくちゃ嬉しかった。himawari も映画の番宣でしか耳にしてなかったけど照明の演出と相まって予想外に力強い曲で結構気に入りました。

JENがまさかの思春期披露!牧場でリーゼント?で関係ないけどマキバオーを連想。iPodシャッフルでは飛ばす曲、笑。びっくりしたー!田原さんは最後までジャケットにタイブライスの服装だったけど暑くないのだろうか。笑

横アリでは源ちゃん、浜スタでは野球があったらしく案の定人混みに埋まりました。

楽しかった!

 

・浦井さんFCイベントにいく

浦井健治さんがすきです。

ファンクラブは他にも入ったことはありますが大きいところが多くこんな!個人の!距離感も近い!っていうようなFCは初めてでイベントに行くのも初めてで恥ずかしさと緊張とでソワソワしっぱなし。座席を3回も間違えて座りました。笑

ゲストがいると思っていなくて、かっき―をみてみたいと思っていたので嬉しかった~!(なんならデスノートはかっきーVer.を見てみたい。(おいファン))

物珍しさでまじまじと見てしまった。(おいファン)

かっきーってプリンス系ではないけどふつーーのイケメンでイケメンだなぁと思う。普通の男子って感じがいい。実はタメでしたが。ツイッターみてると柿澤家みんな可愛すぎだしかっきーいい息子すぎるしユーモアあるしウエンツ好きすぎてイイです。笑

お呼ばれしてシャイな感じがかわいかったけど話ができる子で隣のふわふわ男子(36歳)の言動に?ってなっていた。うん、わかるよ、笑。また浦井さん手がけるレジュメに興味津々に読み入るかっきー。ってかっきーのイベントではないんですが。笑

浦井さんはというと、髪型の感じなどビジュアルがとってもよくって、また歌も歌ってくれて好きな歌で嬉しかった..!良い選曲だなぁ。

お誕生日という事で届いたコメントを一緒に見たりも。あとはこの会限定で一足早く情報解禁もしてくれて、ドッヒャー!ってなる。

ゴースト、楽しみ!

 

ひとまず最近の出来事はこのくらい。

8月は久しぶりに観劇予定があるので、これまた楽しみ!

ド緊張した結婚式での友人スピーチ

先月のことですが友達の結婚式で新婦友人スピーチをさせていただいた。

 

人とサシで話をしたり遊んだりコミュニケーションが苦手な私が人生でこんなことを経験しようとは。結婚式のスピーチなんて、初めて。

話をもらった時はどどどどどどーしよう!?!?ヒョエ〜〜〜となりつつも、仲良くさせてもらってる友達の中でも共通の「好き」が多い友達。

断る事なんて、いやそれよりも声をかけてもらえた事が光栄すぎてやります!!!と返事。(今こうして文字に起こしてるだけでもなんて光栄なお誘いなのとその時を思い出して泣きそう)

人前で話すことも滅多になく友達も嫌だったらいいよ〜なんて気遣ってくれたのだけどそんなそんな、こんな私でよければ!とほぼ二つ返事で返答。

 

と、同時にネガティブ要素も浮かぶ。

・友達や私を含めた普段仲良くしている仲間内以外にも仲良しの輪が多そうだし学生時代の同級生も多そうなのに私でいいのか...

・私より先にお願いした人もいるかも

・仲間内だと誰ちゃんや誰ちゃんのが付き合いも濃く話し上手なのに、「私」。

 

ぶんぶんぶんぶん!!(振り払う)

 

その友達と私は友達の友達(ネット経由)から今に至る間柄。

趣味を通して、ざっくり言うとオタク友達。

外ではうまく感情を出したり会話だったり振る舞えないけど、ネットの中では返事があろうがなかろうが好きに発信したりできる事と同じものが好きな人がたくさんいて共感しあえたりするのが楽しくてよくネットを見ていた私。時には自分で写メ日記と称してヤプログとか使ってみたりして。(今でいうとインスタっぽい?笑)

今ほどSNSがまだ普及する前から繋がりがあって、でも正直どうやって知り合ってどれが初対面だったか記憶にない。知り合ってからちょこちょこ仲間内でご飯に行ったりライブに行ったり遠征もしたり、同い年て卒業旅行も一緒に行ったり。学校にいたら仲良くなるようなタイプじゃなかったかもしれないけど、共通項があるってのはとっても大きいんだなぁと今しみじみ。

さて何話すか..!?とと思い出をピックアップして内容と組み立てるも初対面シーンは定かじゃないしメインになるイベントもどれを選んでいいのやら。と言うかこんな晴れ舞台にへんちくりんなこと言えないしとさらにプレッシャーに追い込まれる..!!!

 

雰囲気的に他の友達は私がスピーチをするということは知らない様子。相談できず。

何度も何度も、伝えたい「おめでとう」の想いがどの言葉なら一番近いボリュームで且つ素直に届けられるだろうと慣れないので例文を参考にしながら思う。

あぁ語彙力。

 

色々振り返ってジーンとしながら、考えてはしっくりこなくてもう友人スピーチとかなければいいのに!なんて酷いことを思いつつも(今まで行った結婚式では友人スピーチなかったような)書いては消して書いては消してを繰り返し完成、いざ当日。

 

スピーチを覚えてちゃんと伝えられる自信がなく(ごめん)シックなカードの中に1枚に無理やり収めた用紙をイン。枚数があるとめくる手間が出てまためくった後緊張で焦点が定まらなくなるから。他ここで息継ぎしたいとこここで段落変わるとか印もつけて準備オッケイ!!

本人にはこのスピーチをもとにもうちょっと詳しく&ラフな口調で書いたオシャレ便箋に清書したお手紙に中身を差し替えて渡しました。

 

また人前で話すなんて、数年前に社会人3年目の会社説明会で先輩女子社員として話した振り。まぁこれは田舎のちっちゃい記者だったのでしょうがないが。事前のロープレもカンペもあったし相手は何の関係もない学生さんたち、だったのでこの結婚式スピーチの方が100倍緊張した。

 

涙もろいので結婚式は泣かないように我慢するけどあまり耐えれた試しなし。今回も突然新婦母がサプライズメッセージ挟んできてダーッて泣きそうなのをシクシクポタポタぐらいに何とか抑えつつ。実家に遊びに行ったことがありご家族を知ってるので「ちょっと..お母さん..っ」て新婦本人はウルウルくらいで私が大変だった〜。

 

司会の方が陽気で声高のお姉さん(年上)で新婦ご家族の知人ということもあり雰囲気が思ったよりも砕けててよかった。けれども自分の番までそわっそわ。

「あ、やばい次だ」と思った時は友達に飲み物注ぐとこだったか注がれるとこだったか、「ごめん私...」って言ったらやっぱり周りは知らなかったようで「え、いどちゃん!?」「いどちゃんなの!?」と言われながら前へ。

テンパりすぎて駆け足でマイクに向かってしまい司会から「焦らなくていいですよ〜足元(階段)気をつけて〜」と突っ込み。すすすすいません..!

 

会場が正直ちょっと狭目の作りで中央が二段ほど高い作りになっていて、本人からと席次表ではアリーナ再度最前列の席だいえーい!なんて言っていたけどサイドは段が低くなってるのとド横すぎてあんまりお顔見えず..

中央端前方には高砂のみで縦長方形型の会場横に立てないので選手宣誓風に来客者の視線を背後に感じながらのスピーチ..正面から視線をか煮るのも緊張するけど落ち着かないー!

  

私は早口なので、ゆっくりしゃべることと、相手を見て話すことをより意識して。ハイパー緊張したけど、できたと思う。

一生懸命私なりに考えた言葉なのできちんと伝わるように伝えたいなと。

終わってみて心配になったのは声のボリュームがうるさくなかったか。でも聞こえないよりいいか。内容が絞れてなくて曖昧でわかりにくいとか長いとか声でかいとか、その辺が心配でどう思われたか(こんな子が友達なの的な)怖いけど一生懸命考えた言葉と、こう話したいっていう印や注意点を注意しながら活かして話せた。と思う。カンペありなら当たり前かもだけど。

 

席に戻った後めっちゃくちゃ身体が熱くてひ〜ってなってる私に友達がポンポンって触れてくれたら「あっつ!!!!」って言われて爆笑。本当に熱かったらしい。笑

「まさかいどちゃんとは思わなかったわ。こんなんあまりやらないよね。」って声かけてくれて誘ってもらった時の自分も驚いたけど周りも驚いてたっぽい。他にやりそうな子いるもんね。でもその子はその子で他の面でいろいろ極力してたりマイク回ってきた時に挨拶してた〜。

参加させてもらえるのがまず何より嬉しいけれどこうやって仲間でいろいろしてあげられるのもいいね。

 

最後、当日撮影した写真を交えたスライドショーが流れて私が話をしている時の手元の写真が流れてノーーーーーー!!!ってなりました。

そうだよね。写真撮ったりするよね。背後から取られてたよね。

印だらけの汚い手紙(しかもカードから浮かないようマステで止めてた)が抜かれていて一瞬だけど流れてしまいアーッてなりました。

そんな中までは多分みんなに見えてないと思うけどちゃんと書いたやつじゃなくて失礼だったかな..と言ってももう遅いけど..

 

新郎側のご挨拶はどんなかな〜と思ったら出身地からのビデオレターでした。夜の打ち上げで新郎側の友人さんから「挨拶してた人ですよね、よかったですよ〜」なんて言われて(ちょっと話し上手ないい人だったからお世辞かもしれないけど(ネガティブ))ほっとした〜。

後日にはその新婦の子とラインしていて「挨拶いどちゃんにお願いしてよかった〜」って言われてとってもとっても嬉しかった。こちらこそありがとうだ。

 

最近ようやっと大人になり色々言えるようになったけどあまり自分から人に連絡したりしなくて。その子はラインをよくくれるので私からも色々と大したことないことも連絡できるようになって、好みが一緒なのでテレビを見ながら「やばいこれ〜!」なんてやりとりもリアルタイムでし合ったりできる数少ない友達。

こう接していいんだなってちょっとお手本になって。積極性の違いはあるけど。

結婚式のBGMは彼女の好きなものがひたすら使われていてすごかった。

オタク勢が湧くわ踊るわ。笑

終始彼女セレクトで私ももし結婚式が後にあるなら曲選びしたいなぁ。

でも全然CDで持っていない。この問題は将来どうにかならないのかしら。

 

この3連休も彼女と遊びに出かけてきます!