久しぶりの帝国劇場

レ・ミゼラブル」を観に帝国劇場へ。

f:id:idoko:20170704195329j:plain

※これはまだ行く予定がなかった頃、待ち合わせ前に撮影。すでに満員御礼。

 

5月末に「王家の紋章」の東京千秋楽(観れてよかった。すごくよかった。)ぶり。

あの東京楽を蘇らすとあぁ〜となるのだけど過去のことはきりがないのでこれからのことをなるべく遠くならないうちに記録。(過去の楽しかったが大好きでなんども話題にしちゃうのだけども。)

 

レミゼ」はミュージカルということすらなんっにも知らず映画を見た事あり。

その時の印象はなんてやるせない..ということと歌長い..ということ。豪華なキャストと(ただヒュージャックマンだったのは後に知る)生歌、映像美はとても伝わったし。だけども何もかも取られ尽くしてボロボロで歌うアンハサウェイ..悲しいというよりなんという..という印象で唖然というか俯瞰で見ていた記憶。あとラッセルクロウ怖くて身を投じるシーンは強く覚えてた。コゼット何あれ可愛い可愛い可愛い。あ、この歌知ってる。(民衆の歌)この辺のドラマには感動。..したもののううぅ〜んという感じで盛り上がっていてもチケットは取らず。

 

昨年から観劇にはまりミュージカルも観(れ)るようになり、舞台で見たらまた違うかな〜とか、色んな人が出ててすごいなぁ、と初心者知識ながら名前がわかるキャストに気にはなる、と。

んでまた、8末頃まで次の観劇予定がない。というのもあって週末に「B席があったら..」なんて舐めたことを思いつつご縁をいただけて結局行くに至りました。

 

行くとなると久々の観劇予定にワクワク!何着る?帝劇!久しぶり!

たまごサンド食べちゃう?とか考えてたら前日や当日に色々起こり焦るもなんとか無事に到着。ホッ。

f:id:idoko:20170704194818j:plain

 

f:id:idoko:20170704194834j:plain

これ、王家の間は外のガラスのところに飾ってあったやつだよね?

 

 

 

f:id:idoko:20170704194648j:plain

キャストどん!

これだけの組み合わせだともはや選べないのでご縁があった後キャストを確認しました。観てみたかった吉原さん!と、唯一以前から知っている森久美さん〜。

 

映画の時みたくうーんってなるかな、大丈夫かな、と少し不安になりつつも開演すると、

まず一発目オーケストラが鳴った瞬間、圧倒!!!!!!

 

こ、これが30周年の名作@帝国劇場か...!!!!!!

 

生オケってこんなにすごかったっけ、と。これが(略)..!ってなってガッと一気に荘厳な何かがブワッと開け放たれる..楽器編成なのか技術なのか音楽なのかわからないけれど半端ない力..!す、すごい。

そして瞬く間に進んでいくプロローグ。

プロローグ終わりにタイトル出てくるのいいねかっこいい。

(よくドラマで今からかよ!とかなるやつ。違うか。レミゼはなってないよ。)

話はやっぱりちょっと理解できないところと旋律が苦手なのか時折うん..ってなったところはあったけどよかった〜。本当に全部歌で紡がれてるんだな!

場面転換多いのにストレスを全く感じず、いや気づいたらシーンが自然と変わっているセット転換におおお。そしてかっこいい。

吉原さんがとても良い声と良いお歌で、あと黒のロングコートがとってもカッコ良かった..

ジャベールの身投げシーンはてっきりセット裏に落ちていくんだろうなと思ってたのだけどでもそれじゃあなんか違うよなぁと考えてたら、映像を活用してあぁやって落ちていくのはちょっと驚いた!ううおぉ〜!すごい〜!思わず客席で「!」と顔リアクション。

なんだか映画と同じ2時間〜3時間でもジャベールの頑なな正義感とか、それぞれの背景は映画の方がよりわかりやすいかなぁ、なんて。

でもミュージカルを観れるようになったからか舞台が魅せる力なのか、歌長いななんて思うことはなく、最初から最後まで惹き込まれての舞台だった。

アンサンブルの歌も声の重なりでとっても迫力あってすごかったなぁ。

エポニーヌは他の方でも気になるところ。ふうかちゃんと昆ちゃんでも観てみたいなぁと思ったり。マリウスとコゼットの一瞬で恋に落ちるとことかマリウスが会いに行くところとか、その恋愛模様のところはなんだろう、嬉しい..いや安心するというか、明るい部分だな。ガブローシュが死んじゃうところは映画館で見てるみたいにビクってしてしまった。

2階席の音響結構すごくてびっくり、こんなすごかったっけ。端よりだったのもあるかもしれないけどパンパン軽快に(?)耳元で聞こえてくるからうおぉってなった。

テナルディエって格好出番多いんだなぁ、じゅんさんテナも是非見てみたかった!

正直私はまだまだ豊かさが足りないなぁとか、うーん、革命とは?って想像力や知識が足りないなぁとか思って、このお話大好き!とは言えないけどでもとってもすごかった。

あと映画より悲しくないなって思った。なんかよかったな、って思った。

カーテンコールの盛り上がり、すごいね!客席の集中力もなんかすごいなと思ったけど拍手が盛大!でもそう、ワァッってなるのわかるしキャストの皆さんの雰囲気がシックな中に強い駆け抜けた熱い姿があって素敵。

カーテンコールでジュンモバルジャンと吉原ジャベールがグータッチしてるの胸熱だった。

 

 f:id:idoko:20170704194849j:plain

ロビーのあちこちに過去の写真が掲示されていてあんな歴史やこんな歴史があるんだなぁ〜って柱を見て歩く。

ほぼ同級生のレミゼ日本版さん。またそのうち映画も見てみようかな。 

広告を非表示にする