人間風車を見てきました

風邪をひいて会社を二日間も休み思わぬ五連休をしてしまいました。
中日夕方から鼻が急激にズーズーしてきて鼻炎もちだし鼻炎かな~なんて思いつつも内心はこれはあかん風邪だ、と。会社をでてのど飴と風薬をとりあえず買い、外に出て少し気がまぎれたのでそのまま整骨院の予定を済ませ早々に寝るも案の定翌朝ダウン。
がしかしその合間に風髑髏ライビュは見に行くという。

いや悩んだけど映画館なら最悪ぐったりしながら見れるし、、苦笑(上映中マスク二重)。幸い無事見れました。松ケンよかったよ!本当はマハーバーラタ幕見も考えてたけどさすがにやめて日曜のこの人間風車に備えてポカリ冷えぴた薬マスク寝るでなんとか起きて動けるくらいにもどりました。
そんな下界に復帰早々に1か月ぶりの観劇にして苦手なホラーと言われている作品「人間風車」、成河さんのところにてチケットをご用意いただき前方ブロック内センターで観てきました。

 

怖い、ホラー、というこっとで構えてた部分では、平気でした。
平気というか..お化け的な怖さ?見えない力や存在にぞくぞくする、っていうのではなかったので大丈夫でした。どちらかというとグロさと、人間の怖さ、って感じで怖いと言えば怖いけど大丈夫でした。(後半の諒くんとミムラのシーンは目をつぶってましたが。)

隅までキャストを把握してなくてよくドラマで拝見している堀部さんがいておおぉ!?となる。ダンディ~と思いきや前半色んな扮装で登場し女装たりなんだりでイメージなくてびっくり。笑
前半は成河さん演じる平川の童話がころころと繰り広げられるんだけどなかなか独特な世界。

成河さん以外初めて見る方だったのだけど良知さんよかったです!物語中での鎧を付けての戦闘シーンかっこよかった~。
中盤ミムラ演じるアキラという女性が登場して人物の相関図が見えてきてからはうわいよいよ怖くなるのかなどきどきどきと気が気じゃなく。
成河さんのスイッチ入って喋り出すところや恐怖におびえるところなどの後半はなんていうんだろう、展開されるシーンのえぐさ、あとは話が現実に起こってしまった事のうたがわしさでうぅうとなりながらも成河さんすごいなぁとみていた。
あと堀部さんの刑事は淡々としていて普通の大人の人間だけどある意味怖かった。息子や部下が殺されてしまったというのに。
そういう人の怖さみたいなのはありつつ、お化け的な怖さはないので夜道が怖いってことはなかったです。(以前にウーマンインブラックをソワレで見て経験)
負の連鎖の惨殺シーンは怖かったけれど最後にサムを止めるために語り出した童話はとてもとても考えさせられる話で一番聞いていて想像しながら観てたし引き込まれた。それはラストだからっていうのもあるだろうけど語る平川の熱量や抑揚が心底でてたんだろうなぁ。

これを連日やるのはなかなかの体力だなぁ..
ミムラとかキツそう..
ビギナーで女優さんデビューだよね。
可愛い人だけど色々なドラマで活躍していてすっかり役者さんですごい。

 

終わってみて個人的にはあんまり好みのないのだけど役者さんのすごみとなんともいえぬ人とは、というようなものを感じ取ったのでした。
うんでもビートたけしのモノマネやうさぎのフンをブドウに詰める表現はウーンだった。苦笑

最後の暗闇暗転での音は怖かった~~~。

ストプレでの成河さんはそういえば初めてなのでした。今後も色々見てみたいな〜。

広告を非表示にする