わたし、あなたがわかる

近頃ドラマが多いようなのか気のせいか。しかし今季は忙しさにつれいつもよりさらに追いつけず予約録画がたまる一方。


例に漏れず私もめちゃくちゃ面白いとみている「アンナチュラル」、そして坂元作品「anone」と、「隣の家は~」、が今期面白いかなぁと。あ、「99.9」の引き続き面白い。他、月曜日は「海月姫」からの「グレーテルのかまど」で瀬戸はしごが嬉しい日です。ヒロイン蔵子!
「アンナチュラル」はほんとにほんとに面白いね。野木さんというと「空飛ぶ広報室」が大好きで他にも「重版出来」やもちろん「逃げ恥」もそう。でも「逃げ恥」は完全にあの二人と原作とダンスと、と素材もありきでのキュンキュンヒットなので、今回アンナチュラルが文句なしに面白いしキャラクターもバツグンだし野木さん!あー!!野木さん!!!アー!アー!と次から次へと繰り出されるものにしてやられたりです。
あぁ早くみたい..


そして大杉連さんの訃報には驚きで本当かと疑いました。
ぱっと役が思い出せないくらい沢山の作品で見ていた連さん。
バイプレイヤーズが引き続き放送されるとのことで楽しみに泣き笑いみます。

 

 

さて。観てきました、FUNHOME!

 

f:id:idoko:20180227065618j:plain


初めてのデジタルチケット。携帯の機種がもう古くて充電がすぐ切れるのでヒヤヒヤした。笑

大原桜子ちゃんを楽しみにしてきたのだけれど、すごくよかった!TOKYOMAPSという六本木で毎年開催されているフリーライブで歌手としてみたことはあったんだけど役者さんとしてはドラマ以外見たことなく。(でもドラマでも好演)とってもよかった~。
わからないけどわかるような気もしてというかとにかく櫻子ちゃんアリソンの姿から伝わるものがあって涙がこみあげてきました。戸惑ってるのとか苛立ちとか、喜びとかはじけてわーーって歌いまくるとこもよかった!

Twitterでどなたかが「人がわたしを発見して嬉しいとか驚くとかして、否定が肯定になるのがどうしようもなく泣ける」とおっしゃっていてまさにそれ。幼少アリソンが町中でふとレズビアンの人に気づき初めて見た時のナンバーもほろり、、、わたし、あなたがわかる、ってやつ。

 

実はゲイだったパパとレズビアンの娘。カミングアウト後に死んだパパと同年齢になった娘が振り返るお話。漫画で自伝のようであるとのこと。重すぎずセクシーも特別なく想像力乏しいから捉えられないとこもあったけど普通ってなんだろうとぼんやり思う。
この日はイープラス貸切公演でカーテンコールでイー「プラス」!とキャスト全員で「+」ポーズが可愛かった~。
ママ役の人、めっちゃドラマで見てる、、紺野まひるさんやん!!歌えるのか、、と後で調べたら元宝塚だったのですね。おぉお。


見ながら涙が込み上げてきてなぜだかじんわりじんわり止まらない感じでした。楽しかったー!という作品ではないけど、とてもよかったです。
普通ってなんだろう?確かに環境は多数に入らない環境かもしれないけど家族は結局どこも同じものはないしなぁ、と、ある一家族のお話として。
他エリアでもたくさんの方が見に来るといいなぁ。

 

f:id:idoko:20180227065614j:plain

 

f:id:idoko:20180227065622j:plain

広告を非表示にする